時効とは

リボ払いに限らず、クレジットカードや各種ローンなどの会社が貸出す債権の時効は5年と定められています。
借りたものはきちんと返すのが当り前です。
しかし、どうする事も出来ずに度重なる督促を放置して、住民票もそのままに居住地を変えるなどして請求を逃れた場合、
5年という歳月を経過すれば時効が成立します。
もっとも、家族ぐるみで移動すると、必ず住民票が必要となる場面が出てきます。
その他、生活の上で様々に影響が出てくる為に自らの居場所を公にせざるを得ない。
つまり住民票を現住所に移動をする行為を行うと相手もプロです。
必ず督促がスタートします。
このことからも、時効の成立はきめわて難しいと言えます。
安易に、リボ払い等で買い物をし、返済が定額である事に安心感を覚え、次から次に商品を購入し、果ては支払い不能となり失踪する。
例え、リボ払いが定額で気軽と言っても計画をきちんと立てないとこのような状況に追い込まれる可能性があるのです。
支払いが困難になる前に、時効など考えず、きちんと専門家に相談する事が肝要と言えます。

詳しくはhttp://sc6sd.seesaa.net/こちらに書かれています。